手荷物処理システムは、観光と航空旅行の増加により 7% の安定した成長を示すと予想されます

UnivDatos Markets Insightsが発行した新しいレポートによると、手荷物処理システム市場は2020年に4億ドル以上と評価され、2022年から2028年にかけて約7%のCAGRで成長すると予想されています。分析は、タイプ (目的地コード化車両 (DCV) およびコンベヤ)、テクノロジー タイプ (無線周波数識別 (RFID) およびバーコード) に分類されています。アプリケーション (空港、鉄道、海上); および地域/国

サンプル レポート (グラフ、チャート、図を含む) にアクセスする – https://univdatos.com/report/baggage-handling-system-market/get-a-free-sample-form.php?product_id=42028&utm_source=linkedin&utm_medium=snehaJ&utm_campaign =スネハJ

手荷物処理システムのレポートは、市場の推進要因、制約、機会などのさまざまなダイナミクスに関する有益なデータを収集して集計されています。この革新的なレポートは、スコポラミン市場のより詳細な見通しを得るためにいくつかの分析を利用しています。手荷物処理システムレポートは、市場の成長に影響を与える最新の業界開発と市場の傾向要因の詳細な分析を提供します。さらに、この統計市場調査リポジトリは、世界レベルおよび地域レベルでの手荷物取り扱いシステムを調査および推定します。

市場概況

世界の手荷物処理システム市場は、予測期間中に約7%の大幅な率で成長すると予想されます。手荷物処理システム市場は、主に空港の運営効率の向上、航空旅客数の増加、複合一貫輸送の大幅な進歩への注目の高まりによって牽引されています。世界的な産業の重要なトレンドは空港の改修です。乗客により高い快適性とより良い手荷物管理を提供するために、空港当局の大部分は空港インフラの近代化に投資しています。さらに、この業界は、無線周波数識別 (RFID) や目的地コード付き車両システム (DCV) などのテクノロジーの応用のおかげで成長しています。しかし、手荷物処理システム (BHS) の初期コストと継続コストが高く、システム障害による深刻な影響が市場の拡大を制限しています。さらに、空港でのロボット化の使用により、市場開発の可能性が今後数年間で利益をもたらすことが期待されます。

ダイフク株式会社、Alstef Group、Siemens AG、CIMC Tianda Holdings Co. Ltd、Vanderlande Industries、BEUMER Group、G&S Airport Conveyer、Ansir Systems、SITA、Leonardo SpA は、市場の主要企業の一部です。これらの企業は、ハイテクで革新的な製品/技術を顧客に提供するために、パートナーシップとともにいくつかの M&A を実施してきました。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは、空港手荷物処理システム市場に悪影響を及ぼしています。パンデミックにより、世界中の政府が航空旅行に厳しい規制を課すようになりました。これは空港旅客数の減少につながり、空港手荷物処理システム市場に大きな影響を与えています。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが縮小する中、空港当局と航空会社は手荷物取り扱いプロセスを大幅に変更するための投資を大幅に増やしている。到着時と出発時の非接触型およびセルフサービス技術に対する需要は、手荷物の取り扱いにも反映されると予想されます。

世界的な手荷物処理システムのレポートは、利害関係者がより精緻な意思決定を行うのに役立ついくつかの側面から徹底的に研究されています。

· タイプに基づいて、市場はユーティリティ無線周波数識別 (RFID) とバーコードに分類されます。バーコード カテゴリは、世界中のほとんどの航空会社がバーコード技術を使用しているため、最大の市場シェアを保持しており、最大の市場シェアを持つことが予想されます。バーコードは安価で使いやすいです。それにもかかわらず、RFID タグとバーコード タグの両方で荷物を管理できる空港はほとんどありません (ハイブリッド ソリューション)。これらのテクノロジーを個別に使用する場合と比較して、ハイブリッド システムではスキャン速度が向上します。

· アプリケーションの種類に基づいて、市場は空港、鉄道、海上に分類されます。このセグメントの鉄道は、2020 年に市場で大きなシェアを握ると見込まれています。駅に到着する乗客の手荷物を処理するためにコンベア ベルトが使用されるため、鉄道での手荷物ハンドラー システムの使用は劇的に増加すると予想されます。この機器を利用すると、従業員の重労働が軽減され、業務プロセスの効率が向上します。

レポートのカスタマイズを依頼する @ https://univdatos.com/report/baggage-handling-system-market/get-a-free-sample-form.php?product_id=42028&utm_source=linkedin&utm_medium=snehaJ&utm_campaign=snehaJ

手荷物処理システムの地理的セグメンテーションには以下が含まれます: [USK1] 

· 北米 (米国、カナダ、およびその他の北米)

· ヨーロッパ (ドイツ、イギリス、スペイン、イタリア、フランス、その他のヨーロッパ)

· アジア太平洋 (中国、日本、インド、およびその他のアジア太平洋地域)

・ 世界のその他の地域

予測期間中、北米は手荷物処理システム市場のかなりの部分を占めると予想されます。これは、この地域の人口増加、急速な近代化、航空部門の急成長、空港交通量の増加によって説明されています。この地域の空港における乗客の安全性を向上させるために行われた技術の改善と進歩により、手荷物処理システムの市場は、予測期間中により速いペースで発展すると予想されます。北米の空港では、主要ハブ空港の混雑に加えて貨物輸送量の増加に伴い、新たな貨物取り扱いや航空物流能力への投資が急増しており、特に第二層空港や貨物中心の空港に追い風となっている。しかし、最近の貨物の好調な業績により物流投資の可能性と、これらの空港の一部の貨物施設やインフラの欠点が浮き彫りになったことを受けて、主要ハブ空港の多くも施設の拡張を進めている。たとえば、航空貨物施設開発会社エアロタームの親会社リアルタームは、さらなる貨物プロジェクトの準備を進めている。5月初旬、同社はオープンエンドの空港物流不動産ファンドへの1億5,000万ドルの出資コミットメントが無事完了したと発表し、2015年の設立以来、総額約9億ドルの出資コミットメントを獲得した。

市場をターゲットとする主要企業には[USK2] 

·        Daifuku Co., Ltd.

・アルステフグループ

· シーメンスAG

・CIMCティアンダホールディングス株式会社

· ヴァンダーランデ工業

・ビューマーグループ

・G&S空港コンベア

· アンサーシステムズ

・SITA

・レオナルドスパ

競争環境

著名なグローバル企業間の競争の程度は、世界中で事業を展開しているいくつかの主要な主要企業を分析することによって詳しく説明されています。研究アナリストの専門チームは、スコポラミン市場の世界的な競争、市場シェア、最新の業界の進歩、革新的な製品の発売、パートナーシップ、合併、またはスコポラミン市場の大手企業による買収などのさまざまな特徴に光を当てます。主要企業は、世界的な競争に関する洞察を得るために調査手法を使用して分析されています。

この分析市場調査レポートを通じて解決される主な質問は次のとおりです。

• 手荷物処理システム市場における最新のトレンド、新しいパターン、技術の進歩は何ですか?

• 予測期間中に手荷物処理システムに影響を与える要因はどれですか?

• 手荷物処理システム市場における世界的な課題、脅威、リスクは何ですか?

• 手荷物処理システム市場を推進および抑制している要因は何ですか?

• 手荷物処理システム市場の需要が厳しい世界の地域はどこですか?

• 今後数年間の世界市場規模はどれくらいになるでしょうか?

• グローバル企業が適用する重要な市場獲得戦略と政策は何ですか?

当社は、さまざまなビジネス、地域、国の要件を理解しており、ビジネスの性質や地理上の要件に応じてカスタマイズされたレポートを提供します。カスタムニーズがございましたらお知らせください。

レポートの説明と目次を表示するには、ここをクリックしてください - https://univdatos.com/report/baggage-handling-system-market/

UnivDatos Market Insights (UMI) について

UnivDatos Market Insights の他の関連調査レポートを参照する

・         自動車金融市場

・        自動車用点火コイル市場

·          Eコマース自動車アフターマーケット

・        自動車用ファブリック市場